Divination

治療にかかる費用

歯周病の治療に必要な費用

歯周病は発症しても自覚症状がほとんど無いため、気がついた頃に歯科に行っても手遅れになっている場合も多く見られます。 初期症状としてはブラッシングで歯茎からの出血が見られます。早期に気付けばブラッシングのみで治すこともできます。 では進行してしまった歯周病を歯科で治療するにはどれくらいの費用がかかるのでしょうか。 基本費用として1回の治療は保険内治療で1500円、進行具合によって歯科に通う回数が増えていきます。 加えてレントゲンや進行具合によって外科治療が加算されます。 初期症状では4回程度通うことになりますので6000円程になります。 中期症状では10回程なので15000円、加えて必要な場合は外科治療費がかかります。 重度の場合は10回以上としか言えません。進行具合によっては1年以上の通院もあります。加えて外科治療費もかかるため数万円以上と考えて良いでしょう。

歯周病の歴史とこれから

日本で現在のような歯周病の治療が行われ始めたのは昭和50年代です。その後、様々な研究がなされ原因を解明し今でもなお治療法が発展し続けています。 しかし19世紀前半の頃はヨーロッパでは歯の歯垢を取ったり、抜け落ちないように固定したりと局所治療が行われており再発が見られたため不治の病と考えられていました。 1867年にアメリカのリッグス氏が歯周病は歯茎の炎症から始まり次第に骨を溶かすことで起こることを発見しました。 その後、多くの研究者により臨床がなされ口の中には誰にでも常にバイ菌がいてそれが歯周病の原因であることが突き止められ、現在のように歯周病予防としてブラッシングやスケーリングが行われることに繋がったのです。 口の中にはバイ菌がすんでいるため、今後もブラッシングは無くてはならないものです。 歯科での徹底したブラッシング指導と日々のメンテナンスが歯周病予防には必要不可欠なのです。