Divination

噛み合わせは大事

歯周病の次に多いと言われる虫歯は、放置していると大変なことになりかねません。場合によっては噛み合わせがずれたりする可能性もあり、顔の歪みを生じることもあるのです。

ホワイトニングが有名な三田市の歯科なら、名医がいるから歯の黄ばみから歯周病の治療までトータルに受けることができます。

詳細を確認する

治療にかかる費用

歯周病は歯槽膿漏とも言われ、歯と歯茎の隙間にバイ菌が入り込み知らず知らずのうちに進行してしまい歯茎や顎の骨を溶かして歯が抜け落ちてしまうという恐ろしい病気です。

かかりつけ医として使える野田市の歯科なら、子供の治療に合わせてお母さんも治療に参加できるから安心して通えますよ。

詳細を確認する

自分の歯

虫歯対策は万全ですか?亀戸で歯科治療を行って歯も心も健康にしましょう。安心施術で1人1人の希望に合った治療ができますよ。

すぐ噛めるインプラント

インプラント治療では、1回法、2回法とも、あごの骨とチタン製のフィクスチャーがしっかりと結合するまで2〜6か月かかり、この期間は強くものを噛むことを避けるなど、患部に負担をかけないようにしなければなりませんでした。結合する前に人工歯をすぐに装着し、噛めるようにしてしまうと、フィクスチャーが骨と結合しなくなることがあったからです。しかし現在のインプラント治療では、CTによる正確な画像診断や、コンピュータによる術前シミュレーション、精密な人工歯の作製など、治療の技術は大幅に進歩しています。そこで登場したのが、「即時荷重インプラント」という治療法です。良好な形であごの骨に埋め込まれたフィクスチャーであれば、機械的にはしっかり固定されています。

硬い食べ物は避けるように

そのため、ある程度の負荷をかけても骨との結合が達成されるという考え方に基づいています。手術当日、あるいは48時間以内に、あごの骨に穴を開けて、フィクスチャーを埋めこみ、アバットメントを装着して、そこに人工歯の代わりとなる仮歯を取りつけるところまで行います。仮歯があるので、患者さんは手術後すぐに食事や会話を楽しめます。正式な人工歯の装着は、あごの骨とフィクスチャーがしっかり結合するのに必要な2〜6か月後に行われるため、トータルでのインプラントの治療期間が短縮されるわけではありません。また、すぐに食事ができるといっても、仮歯の期間はせんべいなどの硬い食べ物を避ける注意は必要です。歯科医師からメリットやデメリットをよく聞いて、理解しておきましょう。

欠点をなくす

歯がなくなった場所に最適な治療法であるインプラントは治療期間が長いというデメリットがあります。しかしこれも長い間かみ続けられる環境を作る為に必要なので我慢も大事でしょう。

詳細を確認する